distabce「太地」

Oblaatオブラート

distance「太地」は、太地町を一冊の詩集とする試みです。その場所のために書かれた数篇の詩の朗読を、指定された地点で聴いていただきます。

※鑑賞にはスマートフォンなどの電子端末が必要です。

oblaatは、詩を本の外にひらいていく詩人の集まりです。

紀の国トレイナート2021には、永方佑樹が詩人、則武弥がデザイナー、松田朋春がプランナーとして参加します。

 

永方佑樹

詩人。2019年詩集『不在都市』(思潮社2018)にて歴程新鋭賞、2012年詩と思想新人賞を受賞。執筆活動の他、映像や音・身体や自然物を使用し詩を立体的に立ち上げる独自の「立体詩」を国内外で展開(ハーバード大学世界文学研究所サマーセミナー、仏サンレミ美術館、SCOOL、吉祥寺シアター等)。名古屋芸術大学非常勤講師。

 

則武弥

主なデザイン、活動などにUDCK 、AGC Studio のVI 、瀬戸焼、奥出雲たたらのブランディング、 JAPAN WOOD DESIGN ロゴ等。 「oblaat」「典型プロジェクト」「東京ピクニッククラブ」で活動。

 

松田朋春

詩人。2005年愛・地球博公式アートプログラムでプランニング担当。「みんなの道後温泉 活性化プロジェクト」総合ディレクター。著書「ワークショップ-偶然をデザインする技術」(共著・宣伝会議)他。典型プロジェクト代表。oblaat世話人。(株)ワコールアートセンター/スパイラル シニアプランナー。多摩美術大学非常勤講師。

作品


トレイナート参加プロジェクト

Nothing found.